バイトや就活の面接で重要になる「志望動機」について

実際にアルバイトの面接を受ける前に、きちんと考えておかなければならないのが志望動機です。というのも、まずは履歴書に「志望動機」を書かなければなりません。また、どのような職場でも十中八九面接で質問を受ける項目だからです。こうした志望動機についてはアルバイトの面接だけでなく、将来の就職活動の場でも同じように考えなければならないので、将来に向けた練習と考えてしっかりとやっておく必要があります。
志望動機を考える際、まずはどうしてその職場を選んだかをよく考える必要があります。単に「好きな仕事だったから」や「時給が良かったから」というだけでは志望動機としてはインパクトが弱いです。仮に「好きな仕事」だったり「時給が良い」だったとしても、そう考えるようになったきっかけや、あなた自身の中で何かの基準があったはず。まずはそこを掘り下げてみましょう。
次に、その職場のことをちょっと研究してみましょう。そうすることで、他の応募者より熱意が伝わり、あなた独自のオリジナリティにあふれた志望動機が見つけられるはずです。
一番良くないのは、「どこのアルバイト面接でも使えそうな動機」を言う事です。そのような志望動機を聞いたら、人事担当者は「何もうちでなくても良いんじゃないの」と考えます。あなたの他に応募者がいなかった場合は採用されるかもしれませんが、もし他に魅力的な志望動機を持っている応募者がいた場合は、バイトの採用が厳しくなるかもしれません。それだけ「志望動機」とは重要なポイントなのです。

「志望動機」が固まったら、面接のマナーや挨拶を練習しましょう。仕事によらず面接の基本マナーは共通です。しっかりと準備しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です