第一印象は「あいさつ」で決まるって知ってた?

人は、第一印象でその人を判断する傾向にあります。その第一印象を決定づけるのはあいさつです。特に面接となると、緊張からなかなか口が回らないこともあるかもしれません。しかしそれでもハッキリとした言葉できちんとあいさつをするように心がけましょう。小さな声で、まるで口のなかだけでしゃべっているようなあいさつは印象が良くありません。少々どもってしまってもかまわないので、「本日面接に伺いました○○と申します!」とい風に、ハキハキと言うようにしてみましょう。怒鳴るような声や、大声を張り上げる必要はありません。普段よりも少しだけ大きめの声で、ゆっくりとテンポ良く言うようにすると良いでしょう。
特に接客業の求人に応募する場合、あいさつは従業員教育のキモですので、力を入れている会社が多いと思います。また、接客業以外の仕事でも、職場でのあいさつは働く人の基本です。だから面接の時だけでなく、採用されてからもあいさつは積極的に行いましょう。
通常、職場でのあいさつは午前中は「おはようございます」が大半です。午後は「お疲れ様です」が基本のようですが、その日初めて職場の人と顔を合わせた場合は、「おはようございます」と言う場合も少なくありません。また、エンターテイメント系の仕事の場合は、ほとんどの場合が時間に関係なくあいさつは「おはようございます」と言います。このように、業種や職種によってもあいさつには違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です